アフィリエイト ブログ運営

アフィリエイトジャンルが決まらない問題を解決【目的で考えろ】

こんにちは、松本カズキです。

アフィリエイトを始めるのですがジャンルがどうしても決まりません。決めるためのコツはありますか?
ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

結論ですが、アフィリエイトジャンルを決めるときは目的で考えると良いのかなと僕は思っています。

  • 自分視点で考えるのか?
  • 相手視点で考えるか

どちらにスポットライトを当てるのかが、アフィリエイトジャンルを決まるコツになります。

この記事では、「アフィリエイトジャンルが決まらない場合に考えたい6つの目的」について伝えていきます。

アフィリエイトジャンルが決まらない!6つの考え方で解決しよう

アフィリエイトジャンルが決まらないで悩んでいるときは、僕が伝えていく6つの考え方を意識してみてください。

アフィリエイトジャンルの決め方①-抱えている悩みで決める

あなたが現在抱えている悩みを解決するために、「アフィリエイトを行っていく」という考え方です。

「自分の悩み=相手の悩み」です。

自分が悩んでいることは、誰かも悩んでいるはず!
ミズキちゃん

と自分自身にスポットライトを当てて、解決策として「何をアフィリエイトするのか?」を考えていくわけです。

アフィリエイトジャンルの決め方②-興味や学びたい分野で決める

  • あなたの興味に関しての情報発信
  • 学びたい分野のインプットの場としての情報発信

この2つを基準にしてアフィリエイトを行っていくのも良いでしょう。

例えば、「FXに興味があり学びたいと思っている」と想定します。

FX初心者がスキルを高めるためには、知識のインプットを行いますよね。

実際にFXを行うことも想定されます。

「インプットした結果をまとめる場所」としてアフィリエイトサイトを運営するわけです。

基本的に有料商品を購入するお客さんは、「時間の短縮したい」と考えています。

商品を購入することで、「自分が抱えている問題をできるだけ早く解決するためにお金を投資する」という考え方なのです。

あなたが行ってきた勉強の過程や生の情報を、「そのまま読者に伝える」のも読者にとっては有益な情報になります。

アフィリエイトジャンルの決め方③-本業や趣味と結びつける

カズキくん
本業と副業は別だ!

と考えている人もいるでしょうが、「本業=専門分野」を持っているのなら、自分のスキルを活かしたほうが稼げる確率はアップします。

例えば、

あなたがサラリーマンなら、仕事に関する情報発信をして「転職」のアフィリエイトを行う。

とか、

あなたがエンジニアなら、プログラミングに関する情報発信を行い、「プログラミングスクール」のアフィリエイトを行う

というものですね。

すでにある程度のスキルを持っているジャンルがあるのなら、フル活用するべきだと僕は考えています。

「自分の職業や趣味に関係ある商品はないだろうか?」と考えてみてください。

以下の記事から、アフィリエイト商品を探してみると良いでしょう。

アフィリエイトジャンルの決め方④-報酬単価で決める

「報酬単価で決める」のもアフィリエイトで稼ぎたいのなら大事なことだと考えています。

僕自身、アフィリエイターですので、「報酬単価」で紹介する商品を決めることもあります。

例えば、

  • Aという商品
  • Bという商品

2つの商品があったとします。

名前が違うだけで内容は同じです。

違いとしては、B商品のほうが、報酬単価が高いです。

この条件下で考えるなら、報酬単価が高いB商品を紹介したほうがメリットが大きいですよね。

「アフィリエイトで10万円を稼ぎたい」と考えているのなら、「報酬単価○円の商品を○個売る」という考えを持った方が良いでしょう。

報酬単価が安い商品をたくさん売ることは、やはり辛いものがあります。

「いくら稼ぎたい」という目標を立てて、「この金額を稼ぐためには報酬単価がいくらの商品を紹介すれば良いだろうか?」と考えて、アフィリエイトジャンルを決めるのが良いでしょう。

アフィリエイトASPおすすめを徹底紹介
アフィリエイトASPおすすめを徹底紹介【特別単価&クローズドあり】

こんにちは、松本カズキです。 アフィリエイトASPのおすすめはありますか?初心者はどのASPに登録するべきでしょうか? ミズキちゃん そんな質問に答える記事を書きました。 アフィリエイトビジネスを行っ ...

続きを見る

アフィリエイトジャンルの決め方⑤-需要で考える

僕の持論ですが、「ビジネスは永続的なものでなければいけない」と考えています。

ビジネスを永続化させるために必要な要素として、「そのジャンルが永遠に続いていくのか?」があります。

アフィリエイトサイトを運営しても、「そのジャンルの需要が1年ほどで消滅する」のなら、永続的とは言えませんよね。

アフィリエイト記事を書き続けても、今は読まれているけれど、「数年後には誰には誰にも読まれなくなる」のは避けるべきでしょう。

僕が「稼ぎ系&恋愛系」を行っているのは、

  • 需要が大きい
  • 需要が永続的

と考えているからですね。

アフィリエイトジャンルの決め方⑥-市場の声で決める

需要はあるけれど、「需要が供給されていない市場=ニッチなジャンル」を救う手段として、アフィリエイトジャンルを決めていくわけです。

アフィリエイトサイトはネット上を探せば膨大にあります。

とはいえ、必ず「現在あるサイトでは満たされていない悩み」を抱えている読者が中にはいるわけです。

内容がニッチすぎて、「専門サイトが見つからない」とかですね。

「ブルーオーシャン」という言葉もありますが、ライバル不在の市場を見つけることができれば、アフィリエイトで稼げる可能性は大きく高まります。

ブルーオーシャンを見つけるためには、「市場の耳を傾ける」といった習慣を持つことが大切です。

見つけることは容易ではないのですが、ニッチジャンルを見つけることができれば、あなたのアフィリエイト報酬を一気に伸ばすことができるはずですよ。

アフィリエイトジャンルが決まらない!雑記ブログから始めよう

アフィリエイトジャンルがどうしても決まらない場合は、「雑記ブログ」から始めるのが良いでしょう。

本格的に「アフィリエイトで稼いでいく」と考えるのなら、「何かしらのジャンルに特化して情報発信を行う」べきです。

人間は専門家に惹かれるからですね。

カズキくん
この商品いいですよ!この商品も良いですよ!僕の紹介している全ての商品は最高ですよ!

というようなアフィリエイトサイトがあれば、ドン引きですよね。

アフィリエイトを成功させるためには、「そのジャンルの専門家」になる必要があるわけです。

とはいえ、「どのジャンルの専門家になる」を決めるのは、ブログをスタートしてからでも遅くはありません。

例えば、様々なジャンルで記事を投稿していき、「アクセスが伸びてきた記事があれば、その記事のジャンルに特化してアフィリエイトを行っていく」というやり方も有効だと僕は思っています。

アフィリエイトジャンルが決まらない問題を解決します-まとめ

アフィリエイトジャンルが決まらない場合は、「自分&相手」を基準に考えていくと良いでしょう。

  • 抱えている悩み
  • 興味or学びたい分野
  • 本業&趣味
  • 報酬単価
  • 読者の需要
  • 市場の声

これらの中から、

カズキくん
自分にあったアフィリエイトジャンルは何なのか?

を決めていくのが良いでしょう。

  • この記事を書いた人
松本カズキ

松本カズキ

北海道在住のブログアフィリエイター主に『文章』をメインにしたお仕事を行っています。 【仕事内容】 ・ブログアフィリエイト ・WEBライター ・コンサル事業 ・動画制作 ・シナリオライター

-アフィリエイト, ブログ運営
-,

© 2020 マツカズブログ Powered by AFFINGER5