ビジネスの知恵袋 会社と仕事

【会社で暇な時は勉強をしよう】スキルアップで自己実現を目指せ!

2月 8, 2019

会社で暇な時は勉強をしよう

こんにちは、松本カズキです。

会社で暇な時があります。時間を有効活用したいので、自己実現するために勉強をしたいと思っています。何をやればいいでしょうか?そもそも会社で勉強ってして良いですか?
ミズキちゃん

このような疑問に答える記事を書きました。

カズキくん
仕事中に暇な時間なんてあるわけないだろ!会社員を舐めるな!

と怒り狂う人もいるかもですね笑。

「暇な時が1日もない会社」というのは、僕的には「ブラック企業なんじゃないの?」と思ったりします。

全く忙しくない会社も経営的にどうかとは思いますが、「常に忙しすぎる会社」というのも微妙です。

新規事業を始めたなど、「ノウハウやマニュアルが全くない状態」なら常に忙しいことも理解できます。

新しいことを始めるのですから、暇な時間を見つけるほうが難しいでしょう。

「マニュアル化」されている一般企業なら、「空白の時間」はたいてい生まれるはずです。

「暇な時間がない会社」は仕事の効率化がされていない可能性があります。

仕事内容を見直すべきでは?と僕的には思うわけです。

この記事では、「自己実現するために会社で勉強しておきたいこと」をメインに書いていきます。

会社で暇な時に勉強するのはNG?スキルアップを目指すのは良いことです

会社によっても変わってくると思いますが、「職場で勉強をするのは良くない」という会社も存在します。

「業務以外のことは一切するな!」という社畜的な考えなのです。

時間は無限ではありません。

「活用できる時間があるのならフル活用するべき」だと、僕的には思います。

確かに会社に属している以上、「会社の仕事をする」ことは正しいです。

ですが、会社はすぐに裏切ります。

カズキくん
何年も会社に尽くしてきたのに!会社を首になっちゃった(´;ω;`)ウッ…

なんてことは、社畜あるあるですよね笑。

会社員は「会社に属している」だけにすぎません。

人生の全てを保証してくれるわけではないのです。

自分の身は自分で守らなければいけません。

  • 自分の可能性を増やすため。
  • 自己実現するため。

「選択肢を増やす」という意味においても、「スキルアップ」は常に欠かすことはできません。

自己実現するために会社で勉強しておきたい7つの項目

「会社が暇な時がある」という人には、ぜひスキルアップを図り、自己実現を目指してください。

「自己実現」と言葉にすることは簡単ですが、描く未来にたどり着くためには、当然ながら努力が必要です。勉強する必要があるわけです。

それでは、あなたの自己実現を達成するために、「必要」と思えることを7つ伝えていきます。

ビジネスマナーや資格の勉強をする

ビジネスマナーや資格の勉強はしておいて損することはありません。

実のところ、しっかりとビジネスマナーを学んで実践している人は限りなく少ないです。

「ビジネスマナー」は普遍的なものです。

今の職場から転職したとしても、立派な「武器」になります。

資格に関しても同じことです。

会社員にとって、「資格」はステータスのようなものです。

1つの評価基準になります。資格によっては「資格手当」が出る会社もあるわけです。

「年収をアップさせる」という点においても、資格取得は考えるといいかもです。

本を読んで知識を蓄える

知識を得るために本は欠かすことはできません。

「デキる男」は共通して本好きです。本の虫なわけです。

本を読むことで、「知らないこと」を学ぶことができます。

視野も大きく広がります。本は絶対読んでもらいたいですね。

  • 本を読んでいる人
  • 本を読んでいない人

2つの差は知識レベルにおいても大きく分かれることでしょう。

将来的にどんな人間になりたいかを考える

「将来について考える」ことも自己実現するためには大切なことです。

パソコンのWordやメモ帳に打ち込んだり、ノートに手書きでも構いません。

カズキくん
僕はどんな人間になりたいんだろう?将来的に何をやりたいのだろう?

自分に語り掛けてください。

考える態度をとっていれば、周りからは勉強しているとは思われません。

会社の暇な時間で勉強することができない人にとっては、非常にオススですね。

基本的なパソコン操作を覚える

今の時代、パソコンは欠かすことのできないアイテムです。

スマホが使えるからいいよね!
ミズキちゃん

とあなたは思うかもしれません。

「情報処理」という点で考えると、まだまだパソコンのほうが優れています。

僕が以前勤めていた会社でも、スマホ操作は得意だけれど、「パソコンが使えない」という人が結構いました。

パソコンが使えることは、会社員にとっては強力な武器になります。

最低でもWordやExcelを使えるようになっておくと、転職先でも有利だったりします。

仕事の効率化を考える

仕事が暇になった時にこそ、「仕事の効率化」を考えることがオススメです。

仕事で忙しいときは、他のことを考える余裕はなくなります。

目の前の仕事をこなすだけで精一杯です。

空いた時間を作ることができたら、

  • どうすればもっと仕事が楽になるだろう?
  • どうすればもっと時間を作ることができるだろう?
  • どうすればもっと仕事を効率化することができるだろうか?

などを考えてください。

仕事は「ただやればいいだけ」と考えるのは良くありません。

例えば、ほとんどの会社ではパソコンが設置されていると思います。

パソコンはめっちゃ便利です。

手書きでは何時間もかかっていた作業も、パソコンを使えば数分で終わらせることができるわけです。

書類にしても、いちいちゼロから作る必要はありません。

「ひな形」などをパソコンで作っておけば、「使いまわし」ができるわけです。

これも立派な仕事の効率化になります。

仕事で空いた時間にこそ、「自分の仕事を効率化させる方法」を考えるべきです。

仕事のスピードが速い社員として、周りから評価もされるようになりますよ。

イヤホンで英会話の勉強をする

英語ができるようになれば、活動の幅は大きく広がります。

カズキくん
僕は日本人だよ。日本語だけ話せれば問題ないよ!

日本においても、「英語」は身近なものになりつつあります。

あなたが働いている会社も、「海外進出」する可能性はゼロではありません。

  • 英語が使える社員
  • 英語が使えない社員

会社が評価する人材は、誰の目から見ても明らかです。

「英語が使える人材」を高く評価するわけです。

英語を覚えるのはぶっちゃけ難しいです。

いきなりペラペラと話せるようになるわけではありません。

まずは、英語を身近に感じられるように、イヤホンで英語を聞くようにしましょう。

英語を耳で馴染ませるイメージです。

英会話の教材を購入しても良いですね。無料で見ることのできるYouTubeにも、英語のリスニング動画がアップされています。

仕事の隙間時間を使って、英語の勉強をしてみるのもオススメですよ。

仕事に関連するスキル取得を目指す

仕事をより上手に処理できるようになれば、やはり会社の上層部からも評価されるようになります。

人間は向上心を持って行動しなければ、スキルアップを図ることはできません。

現状で満足していては、次のステップに進むことは難しいわけです。

  • 年収をアップさせたい
  • 新しい仕事に挑戦したい

現在の自分と違う自分になるためには、スキルアップするしかありません。

まずは現在の会社で行っている仕事関連のスキル取得を目指せばいいかもです。

会社での暇な時間は自己実現するために勉強しよう-まとめ

人間の時間は無限ではないのですから、現在に不満を覚えているのなら、自己実現するために時間を費やすべきです。

僕が会社員だった頃は、劣等感の塊みたいな人間でしたので、「今を変えたい」と思い続けていました。

仕事で暇な時はもちろん、仕事で忙しかったときも、自己実現するための勉強をしていました。

会社の上司や同僚からは、かなり嫌われていたと思います笑。

行動しなければ手に入らない物もあります。

「自己実現」させるためには、行動を起こさなければいけません。

まずは、会社の空いている時間を有効活用して、スキルアップを目指すことをオススメします。

  • この記事を書いた人

松本カズキ

北海道のライター&アフィリブロガー|本と家とエンタメと寝ることが大好きな引きこもり【経歴】高校卒業後、地元企業に就職してフリーライターとして独立起業⇒複数のメディアを運営&コンテンツビジネスを自動化【現在】趣味ブログ&創作活動【Twitter目的】個人で稼ぐビジネス思考法を伝授【人生のテーマ】幸福に生きる

-ビジネスの知恵袋, 会社と仕事
-,