ビジネスの知恵袋 会社と仕事

【出世したくない!】会社に昇進に興味がない社会人は失格ですか?

2月 16, 2019

【出世したくない!】会社に昇進に興味がない社会人は失格ですか?

スポンサーリンク

こんにちは、松本カズキです。

会社で出世が決まったのですがあまり嬉しくありません。出世や昇進をしたがらない社会人っておかしいでしょうか?社会人として失格ですか?
ミズキちゃん

そんな疑問に答える記事を書きました。

出世したくないと思うのは、別に悪いことはではありません。

僕自身、会社勤めをしていた頃は、「出世したくない!」と思っていたひとりでした。

この記事では、「出世したくない男性の心理と昇進することのメリット」をメインに伝えていきます。

社会人が出世したくない理由とは?責任と苦労が増える

会社でバリバリ働いているたいていの男性は、出世や昇進すれば大喜びします。

社内の肩書きや地位が上がるということは、「会社に認められた」ことに他なりません。

これまで頑張ってきた仕事が評価されたのです。努力が実を結んだ瞬間なのですから、瞬間風速MAX状態で喜びを爆発させることでしょう。

ですが、「出世や昇進」に全く興味がない男性も存在するわけです。

昇進や出世は男の夢って聞いたことがあるよ?会社員はみんな偉くなりたくて仕事頑張っているんじゃないの?
ミズキちゃん

と思うかもしれませんが、ぶっちゃけ視野が狭いです笑。

出世することで待っているのは、良いことばかりではありません。

それでは、出世や昇進することで待ち受けている「困難」について4つ解説していきます。

仕事の内容が増える

会社で出世や昇進をすれば、ほぼ間違いなく、仕事の内容は変わります。

仕事の量は増えますし、仕事の内容もより高度になるでしょう。

これまでと同じような「仕事をすればいい」ではいけないのです。

平社員が係長になれば、「係長の仕事」をしなければいけません。

係長から課長になれば、「課長の仕事」をするわけです。

特に平社員から昇進した男性は、仕事の内容が段違いに「濃く」なりますので、大変困難といえるでしょう。

入社当初の平社員は、「仕事を覚える」ことを会社からは求められます。

悪い言い方になりますが、会社に戦力としては計算されていないわけです。

昇進は会社から「明確な戦力」として認められたことを意味します。

あなたは会社の戦力になる必要があるし、会社の歯車として機能しなくてはいけないのです。

仕事の責任が重くなる

会社の肩書きが上がれば、仕事に対しての責任が増えます。

会社はあなたに「期待」しています。あなたなら会社をより良くしてくれると信頼しているわけです。

人は誰かから期待されれば喜びます。

期待されたら、「期待に応えたい!」と思うのが男の性質だったりしますよね。

実際に昇進しなければ分からない気持ちかもですが、「期待や責任」ってめっちゃ重いです。

重圧がハンパないです。

「しんどい」としか言いようがないわけです。

カズキくん
昇進する前は平和だったな~。

と思うときが来るかもしれませんね。

部下の対応をしなくてはいけない

会社で出世や昇進をしたら、あなたには「部下」が必ずできます。

あなたが「上司」になるわけです。

上司が部下の面倒を見るのは当然のことですよね。

部下がきちんと成長するかは、上司の手腕に関わってくるわけです。

部下が仕事に失敗すれば、上司であるあなたの責任になる可能性があるわけです。

カズキくん
僕は誰かを導けるほど立派な人間じゃないよ!部下の未来を保証することなんてできないよ!

僕的に、「部下を育てる」と「子どもを育てる」は本当に似ていると思います。

立派な人間に育てられるかは、自分の手に関わってくるわけです。

精神的にも相当きついとしか言いようがありません。

世の中のデキる上司や、子持ちのパパさんは本当に凄いな~と心から尊敬します!

仕事ができる上司の特徴
仕事ができる上司の特徴と部下から慕われる理由【上司に見て欲しい!】

こんにちは、松本カズキです。 仕事ができる上司の特徴って何だろう?どんな上司なら部下から慕われるのだろう? ミズキちゃん ...

続きを見る

同僚の嫉妬が生まれる

以前は年功序列の会社も多かったのですが、近年は「実力主義」の会社が多いのかなと僕的には思います。

  • 会社の同期
  • 会社の同僚

身近な社員が自分より偉くなったら「悔しい!」と思うのが普通かなと思います。

激しい劣等感を感じるわけです。

仲良かった社員が「急によそよそしくなる」は出世あるあるですよね。

出世や昇進することで、「人間関係」に影響する可能性もあるわけです。

職場で嫌がらせ受けることも考えられますので注意が必要ですね。

職場から嫌がらせを受けたときの対策は
職場から嫌がらせを受けたときの対策は?【弱者に負けない心を持つ】

こんにちは、松本カズキです。 職場から嫌がらせを受けています。心が辛くて堪りません。嫌がらせに対して反撃したほうがいいの ...

続きを見る

会社の出世や昇進のメリットは給料が増えること

会社での地位が上がることは悪いことばかりではありません。

僕的に一番のメリットは、「給料が増える」ことかなと思います。

お金はめっちゃ大事です。生活が豊かになります。

過程を持っており男性なら、良いことづくめですよね。

夫の給料がアップすれば、あなたの奥さんは自分のことのように大喜びしてくれるでしょう。

愛する奥さんの笑顔を見ることができるのも、出世や昇進をすることの大きなメリットかもしれませんね。

あなたの少なかったお小遣いも、ひょっとするとアップするかもしれませんよ笑。

会社の出世や昇進に興味があるのは人それぞれ

会社内で地位が上がるのは、「喜ぶ人」「喜ばない人」がいても全くおかしなことではありません。

「仕事に対するスタンス」によって大きく変わってきます。

会社の地位に興味がなく、自分のライフスタイルを重要視する男性ながら、出世や昇進は無関心に違いありません。

逆に会社の地位に興味があり、仕事に生きがいを感じていたり、過程を持っている男性ながら、「会社から認められる」ことの喜びは大きいでしょう。

人それぞれで、「考え方が違う」と思ってもらえればと思います。

出世に興味がなくても社会人失格ではありません-まとめ

出世に興味がなくても、「僕って変なのかな~?」と思う必要はありません。

僕自身、会社の地位や名誉に興味関心がゼロでした。

会社で仕事するのをバカバカしく思っていたし、人間関係に疲れた部分もありました。

昇進なんてこっちから願い下げだ!とすら思っていたわけです。

出世や昇進をすれば、責任が生まれます。

なぜ僕が会社の責任を背負わなければいけないのでしょう?

そんな風にひねくれた考えを僕は持っていたわけです笑

ですので、あなたが会社の地位に興味がなくても、「社会人失格」と思う必要は1%もないですよ。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

松本カズキ

北海道在住のブログアフィリエイター主に『文章』をメインにしたお仕事を行っています。 【仕事内容】 ・ブログアフィリエイト ・WEBライター ・コンサル事業 ・動画制作 ・シナリオライター

-ビジネスの知恵袋, 会社と仕事
-, , ,