転職&退職 ビジネスの知恵袋

退職代行は使っても会社はバックレるな【無断欠勤は絶対NG】

退職代行は使っても会社はバックレるな

スポンサーリンク

こんにちは、松本カズキです。

会社を辞めたいけど、自分で会社に伝えたくないです。退職代行は料金がかかりますよね?どうせ会社に行かないならバックレるほうが良いと思うんですが、どうでしょうか?
ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

結論ですが、「会社をバックレる=無断欠勤し続ける」は絶対にやってはいけません。

理由はシンプルで、リスクが多すぎるし大きなトラブルに発展する可能性が高いからです。

会社に行かずに辞めるのなら、会社をバックレるのではなく、「退職代行」を使った方が良いです。

この記事では、「会社をバックレてはいけない理由と退職代行を使った方が良い理由」について伝えていきます。

退職代行と会社をバックレる違いとは?正しい退職手続きがされるかです

「退職代行」と「会社をバックレる」って同じ意味だよね。会社に行かなくて済むんだから
ミズキちゃん
カズキくん
全然違うよ!「会社に行かない」という1点においては同じかもだけど、バックレたら退職手続きされないよ!

「退職代行=会社をバックレる」と同じ意味と勘違いしている人も多いのですが、根本的に違います。

  • 退職代行-あなたの代わりに「会社を辞める意思表示」をする。正しい手順で退職手続きがされる
  • 会社をバックレる-退職の意思表示をせずに無断欠勤を続ける。退職手続きがされない。

会社を辞めるときは、「会社を辞める意思表示」が必要になります。

簡単にいえば、「会社に退職届を提出する」ということです。

退職届を提出せずに、会社に行きたくないからと、無断欠勤を続けバックレた場合、いつまで経っても退職手続きがされません。

最終的には解雇されたり、最悪の場合、会社から損害賠償の請求をさせる危険性もあるわけです。

退職代行の場合、

  • 業者があなたの代わりに「会社を辞める」と会社に伝えてくれる
  • あなたは退職届を会社へ郵送する

このような手続きがあります。

退職の意思表示は代行してもらったとしても、退職届を提出することで、「正しい退職手続き」へと進んでいくわけです。

会社をバックレた場合、退職手続きがされない場合が多いわけです。

会社をバックレた時のリスクを7つ解説!無断欠勤は絶対にやめておけ

会社をバックレるのは絶対にやめるべきです。

カズキくん
会社に行きたくない!イヤなことは全部忘れて楽しく生きたい!

気持ちはめちゃくちゃ分かりますが、会社をバックレたあとは恐怖やトラブルに襲われます。

無断欠勤をし続けることは、今後の生活に支障が起こる可能性が高いのです。

会社をバックレたときに起こる7つのリスクをお伝えしますね。

会社からの連絡が大量に届く

会社から連絡が届きます。

毎日、会社に来ていた社員が、開始時刻までに来なかったら心配しますよね。

カズキくんまだ会社に来てないや。何かあったのかな?お姉さん心配だよ〜
ミズキちゃん

会社に連絡しないと、

  • なぜ会社に来ないのか?
  • 何か問題が起こったのか?

と会社の方も不思議がり、あなたの元に連絡が来るはずです。

会社の人間が家に来る

会社をバックレた日数が増えるにつれ、「会社の人間が自宅に来る」という可能性はどんどん高くなっていきます。

安否確認ですね。

特に社員が一人暮らしだった場合、本人が倒れていたら連絡する手段がありません。

会社もかなり心配するわけです。

下手したら警察沙汰に発展する可能性もあります。

親に連絡がいく

あなたとの連絡がどうしても繋がらない場合、連絡の矛先は「緊急連絡先」へと向かいます。

あなたも会社の入社時に、緊急連絡先を伝えていると思います。

だいたい親だと思いますが(僕は親の名前を書いていました)、親に連絡が届くようになります。

会社をバックレた場合、「会社&親」の両方から心配されるわけです。

離職票が発行されない

会社をバックレることで困るのは、「離職票が発行されない」という問題です。

バックレただけで、退職はしていない状態です。

通常、退職後にもらえる必要書類を受け取ることができないのです。

離職票がもらえなければ、失業給付金を受け取ることもできません。

健康保険の手続きができない

会社をバックレた場合、健康保険の手続きが難しくなります。

会社員の方は、健康保険を払っています。

会社を退職した場合、

  • 健康保険の任意継続を行う
  • 国民健康保険に加入する

2つの選択を迫られます。

手続きを行うためには、「社会保険の資格喪失届け」が必要になります。

退職時にもらえる書類なのですが、バックレると受け取ることが困難になります。

損害賠償が請求される可能性がある

会社をバックレ続けると、最悪な場合「損害賠償」を請求される可能性があります。

  • 仕事の引き継ぎがされていない
  • これまでの教育コストが無駄になる

などが挙げられますね。

君が会社をバックレ続けたせいで、会社に大きな損失が出たよ。どう責任を取ってくれるのかな?
ミズキちゃん

こんな感じですね。

会社からの損害賠償請求はかなりレアケースになりますが、「可能性がゼロ」ではありませんので注意は必要です。

今後の転職が困難になる

会社に退職の意思を伝えず、会社をバックレ続けたら「転職活動が困難になる」と思ってください。

会社をバックレ続け解雇された社員を雇うことは、転職先の企業にとっても不安要素が非常に大きいです。

同じことを繰り返す可能性があるからですね。

会社をバックレたことを黙っておけば問題ないよね!」
ミズキちゃん
カズキくん
採用面接のとき、嘘をつくのかい?嘘をつけば経歴詐称になるよ

会社をバックレた場合、「あなたの経歴に傷がつく」と思ってください。

会社によっては、採用する前に前職場に連絡することもあります。

今後の転職活動は、普通に退職するより、圧倒的に難しくなるわけです。

会社をバックレるより退職代行を使ったほうがトラブルは圧倒的に少ない

もう二度と会社に行きたくない。

会社をバックレたいと考えているのなら、「退職代行」を使うようにしてください。

料金は発生しますが、退職代行サービスを使うことで、スムーズに上手くいけば明日から会社に行かなくて済みます。

会社をバックレるのと、退職代行を使う大きな違いは、「会社を辞める意思表示をきちんと行っているか?」ということです。

会社をバックレることは、会社を辞める意思表示にはなりません。

本人は会社を辞めたと思い込んでいても、会社側は「無断欠勤を続けている従業員」と認識します。

会社をバックレることのリスクは本当に多いです。

トラブルが発生する可能性もあるので、会社をバックレたい気持ちがあるなら、必ず「退職代行」を使うようにしましょう。

退職代行の料金相場はいくらですか
退職代行の料金相場はいくらですか?適正価格を教えます【金額で決めるの危険】

こんにちは、松本カズキです。 退職代行サービスを使いたいのですが、料金の相場っていくらぐらいですか?節約のためにも退職代 ...

続きを見る

退職代行を使っても会社はバックレてはいけません-まとめ

会社員が絶対にやってはいけないことは、「会社をバックレて辞める」ことだと僕は思っています。

ぶっちゃけ、メリットが全くありません。

強いてメリットを挙げるなら、「現実逃避できる」ことかなと。

会社をバックレた瞬間は、

カズキくん
僕はやってやったぞ!会社に行かなくて済むんだ

と気分は高まるかもしれませんが、一時の感情に過ぎません。

後から一気に恐怖やトラブルに襲われます。

会社を辞めたいと思うことは悪ではありませんし、会社を辞めることも悪ではありません。

ですが、退職の意思を伝えず、退職届を提出せずに、「退職できたと思い込む」のは悪です。

退職代行サービスを使うことに無責任さや罪悪感を覚える方もいます。

  • 退職代行サービスを使って明日から会社に行かない
  • 会社をバックレて明日から会社に行かない

退職代行を使ったほうが、「賢い選択」と言えますよね。

会社をバックレたいと思ったら、「退職代行を使う」を意識するようにしましょう。

退職代行サービスのおすすめ!徹底比較します
退職代行サービスのおすすめ!徹底比較します【辞めるのを恐れないで】

こんにちは、松本カズキです。 転職代行サービスってたくさんあるよね?私はどこに登録すればいいの? ミズキちゃん そんな質 ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

松本カズキ

北海道在住のブログアフィリエイター主に『文章』をメインにしたお仕事を行っています。 【仕事内容】 ・ブログアフィリエイト ・WEBライター ・コンサル事業 ・動画制作 ・シナリオライター

-転職&退職, ビジネスの知恵袋
-,