転職&退職 ビジネスの知恵袋

退職代行のデメリット5選!安全に会社を辞めよう【危険を回避する】

退職代行のデメリット5選!安全に会社を辞めよう

スポンサーリンク

こんにちは、松本カズキです。

退職代行を使うデメリットはありますか?サービスに申し込む前に危険性を知っておきたいです。
ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

結論ですが、退職代行にはデメリットがあります。

とはいえ、「会社を簡単に辞めることができる」というメリットはあまりにも大きいです。

デメリットを把握することで、退職代行の理解度を深めつつ、安心して退職代行サービスを活用してもらいたいと思っています。

この記事では、「退職代行のデメリットを5つ」をテーマに伝えていきます。

退職代行のデメリット5つを教えます!危険を回避しよう

退職代行を使うデメリットは5つあると思っています。

それぞれ解説していきますね。

退職代行のデメリット①-会社を辞めるのにお金がかかる

退職代行サービスにはお金がかかります。

業者によって値段設計は違います。

  • 弁護士が対応or弁護士が監修ー3万円前後
  • 弁護士が関わっていない業者ー1〜2万円前後
  • 弁護士資格を持っていない個人ー1〜2万円前後

弁護士が関わっていない退職代行業者や個人の場合は、1〜2万円前後と安い料金設定ですが、普通に危険です。

退職代行を使って会社を辞めたいのなら、弁護士が密接に関わってくる優良なサービスを使うべきです。

退職代行の料金相場は「3万円前後」と覚えておきましょう。

退職代行の料金相場はいくらですか
退職代行の料金相場はいくらですか?適正価格を教えます【金額で決めるの危険】

こんにちは、松本カズキです。 退職代行サービスを使いたいのですが、料金の相場っていくらぐらいですか?節約のためにも退職代 ...

続きを見る

退職代行のデメリット②-詐欺的な退職代行業者に引っかかると退職できない

退職代行業者は、詐欺的な行いをしている業者も、残念ながらあります。

  • お金を払ったのに、会社を辞めることができない
  • 会社を辞めることができなかったのに、払ったお金を返金してくれない

実際に、そのような業者が多く存在するのです。

  • 弁護士が運営していない業者
  • 弁護士が監修していない業者

無資格の状態で退職代行サービスを行っている業者や個人も数多くいます。

「会社を辞める=退職代行を使って辞める」ことが当たり前になりつつあります。

退職代行が人気になるにつれて、詐欺的な業者も多くなります。

「詐欺に遭わないため退職代行の選び方には注意する」という考えは必要ですね。

退職代行のデメリット③-前職場との人間関係は壊れる

退職代行サービスを使って会社を辞めたら、「前職場との人間関係は壊れる」と思ってください。

円満退職は諦めるべきです。

「退職=裏切り」と考える社員は多くいます。

自分から「会社を辞めます」と伝えるのならまだしも、退職代行を使って突然会社に来なくなるのです。

カズキくん
今までお世話になりました!

と上司や同僚に一言も挨拶なしで、会社からいなくなるわけです。

逆の立場だったら、気分が悪いと思いますよね。

それに、会社からしてみれば、「仕事をしていた社員が急にいなくなる」ことは損失です。

人員を補充しなければいけなくなるし、他の人に仕事を回さなければいけません。

会社からしてみれば、退職代行は「迷惑」なことなのです。

周りから祝福されながら、会社を辞めるのは、退職代行を使った場合は不可能です。

「前職場との人間関係の修復は今後できない」と考えたほうが良いですね。

退職代行のデメリット④-罪悪感に苦しむ

退職代行を使った場合、罪悪感に苦しむケースがあります。

自分で会社を辞めると伝えられないなんて無責任なのでは?みんな仕事に耐えているのに、私だけ離脱するのは卑怯なのでは?
ミズキちゃん

と思い悩むわけです。

罪悪感を完全に消すことは難しいのですが、「深く考えてはいけない」と僕は思っています。

あなたの人生はこれからも長く続いていきます。

「現在の会社を退職する」というのは、大きなイベントに違いありません。

とはいえ、今後の長い人生と比較したら「イベントの1つ」に過ぎません。

  • 会社を辞めたくても辞められないままストレスを抱え苦しみ続けるのか
  • 退職代行を使って会社を辞めて自分の思い描く人生を作っていくのか

僕なら間違いなく後者を選びます。

退職代行における罪悪感は、「他人軸」の考え方です。

相手のことを自分のことのように考えてしまうわけです。

退職代行は、今後の自分の人生を作るためのものです。

「自分軸=自分のことを考える」を優先したほうが良いかなと僕は思っています。

退職代行は無責任ですか?罪悪感は必要なし
退職代行は無責任ですか?罪悪感は必要なし【優先順位を考えろ】

こんにちは、松本カズキです。 退職代行を使うのは無責任でしょうか?周りから非難されるのが怖いと思っています ミズキちゃん ...

続きを見る

退職代行のデメリット⑤-周りに理解されない

退職代行は、周りに理解されません。

カズキくん
僕は退職代行で会社を辞めたんだよ
そうなんだ〜(会社を辞めるのに業者の力を借りる必要あるの?会社の迷惑を考えないのかしら?)
ミズキちゃん

退職代行を使って会社を辞めた方なら理解を示してくれるでしょうが、「会社を辞めることを考えていない方」は共感することはできません。

「退職の意思表示は自分で行うべき」という考えが、「常識」とされているからです。

常識は単なる多数決の話に過ぎません。

あなた自身が常識の枠に収まる必要はないのです。

周りに理解されなくても、退職代行を使うことを自分で納得していれば問題ありません。

退職代行を使う場合は、

  • 周りに理解されない
  • 周りに言いふらさない

を意識したほうが良いですね。

最悪の場合、転職先にも影響を及ぼす可能性もありますので。

退職代行はバレるのか?親や転職先に知られたくない
退職代行はバレるのか?親や転職先に知られたくない【リスクを抑えよう】

こんにちは、松本カズキです。 退職代行を使ったら親や転職先にバレないかな?バレるのはイヤだな〜。転職先にバレるのだけは勘 ...

続きを見る

退職代行のデメリットと危険を回避する方法!業者選びに間違えるの絶対ダメ

退職代行のデメリットを解消するためには、「業者選び」を間違えるのは絶対NGです。

退職代行サービスを受けるためには、数万円の料金が発生します。

高い料金を払って、会社を辞められなかったら最悪です。

詐欺的な業者のサービスを受けた場合、

  • 会社を辞められない
  • 即日対応してくれない
  • 離職票が発行されない
  • 健康保険の手続きができない
  • 損害賠償の請求をされる可能性がある
  • 今後の転職が困難になる
  • 有給休暇の消化ができない
  • 退職金が支払われない

という場合も普通に起こります。

退職代行の選び方で意識するべきは、

  • 弁護士が関わっている専門知識のある退職代行業者を選ぶ
  • 実績の高い退職代行業者を選ぶ
  • 即日対応してくれる退職代行業者を選ぶ

ことがとっても大切ですね。

退職代行で失敗する理由とは?業者選びを間違えたら後悔します【実績で選べ】
退職代行で失敗する理由とは?業者選びを間違えたら後悔します【実績で選べ】

こんにちは、松本カズキです。 退職代行を使いたいけど失敗するって話をよく聞くよ。本当に使って会社を辞められるのか不安です ...

続きを見る

退職代行のデメリットより簡単に会社を辞められるメリットが大きすぎる

退職代行はデメリットはあります。

ですが、会社を簡単に辞められるメリットの方があまりにも大きいです。

会社をあっさりと辞められる方なら気にしないですが、「簡単に退職させてくれない会社」は数多く存在します。

  • 「後任が決まるまで待って欲しい」と懇願される
  • 「お前は他では通用しない」とバカにされる
  • 「損害賠償請求するからな」と脅迫される

などですね。

ブラック企業はめちゃくちゃ多いわけです。

会社を辞める権利は誰もが持っています。

会社も社員を束縛する権限を持っていません。

憲法においても、職業を選択する自由が保障されています。

退職することが難しいと感じているのなら、退職代行を使うことで、簡単&スムーズに会社を辞めることができますよ。

退職代行のデメリットを理解して安全に会社を辞めよう-まとめ

退職代行は「会社を簡単に辞められる」というメリットはかなり大きいのですが、デメリットも少なからずあります。

デメリットを把握することで、退職代行における危険を回避することができます。

より大きなメリットを得ることができ、安心安全に退職代行サービスを活用することができるわけです。

退職代行のデメリットを極力減らすためにも、「満足度の高い業者を選ぶ」ことは必須なので注意してくださいね。

【退職代行のデメリットを解消!】実績豊富な退職代行サービスを紹介します

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

松本カズキ

北海道在住のブログアフィリエイター主に『文章』をメインにしたお仕事を行っています。 【仕事内容】 ・ブログアフィリエイト ・WEBライター ・コンサル事業 ・動画制作 ・シナリオライター

-転職&退職, ビジネスの知恵袋
-,