学習&勉強

オーディオブックに効果はあるのか?読書脳を作ろう【強烈な5つのリット】

オーディオブックに効果はあるのか?読書脳を作ろう【強烈な5つのリット】

スポンサーリンク

こんにちは、松本カズキです。

本をあまり読みないので、オーディオブックで聴く読書を試したいのですが、効果はあると思いますか?読書効果はあると思いますか?
ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

結論ですが、オーディオブックの読書効果はあります。

理由としては、人間の脳に関係しています。

通常、紙の本の場合、

  1. 本に書かれた文字を目で見る
  2. 文字情報が脳に認識される
  3. 認識した文字情報が脳で音声再生される

このような脳の働きと過程があります。

ですが、「聴く読書=オーディオブック」の場合は、声優が朗読してくれます。

自分で文字を追わなくても、文字情報の音声が耳に入ってくるから、脳に余計な負担をかけません。

脳内処理が早くなり、記憶に残りやすくなります。

結果的に読書効果を高めることができるわけです。

オーディオブックを活用することはメリットだらけだと思っています。

この記事では、「オーディオブックの効果とメリット」について伝えていきます。

オーディオブックに効果はあるのか?読書脳を作れるメリットがある

オーディオブックの効果は、「読書脳」を作ることです。

「読書脳=読書をする習慣を作り思考力を高める」と僕は考えています。

普段から読書をしている人は、「読書が習慣」になっています。

カズキくん
僕は毎日毎朝1時間は読書の時間を作っているよ

みたいな感じですね。

読書を習慣化できている人はOKなのですが、多くの人は本を読む時間を捻出させることが難しいのかなと思っています。

理由はシンプルで、「必要に迫られていない」からですね。

「読書はやらなくても良い行為」だからですね。

読書をすれば知識を身につけることができると頭では分かっているけれど、「今必要としていない」から読書をしないわけです。

オーディオブックのメリットは、

時間を作って本を読むぞ!
ミズキちゃん

と気合いを入れなくても、暇なときにイヤホンを付けて、本を聴くことができる点ですね。

例えば、毎日の朝食の時や隙間時間を活用して、オーディオブックを聞き流すだけでも、読書を習慣化させることができます。

自分で新しく時間を捻出しなくても、読書脳を作ることができるわけです。

オーディオブックの効果とメリットを解説

オーディオブックは読書脳を鍛える効果があります。

それだけではなく、オーディオブックには優れた5つのメリットがあるのです。

解説していきますね。

オーディオブックの効果①-読書量が増える=知識量が増える

オーディオブックを使えば、ほぼ間違いなく読書量は増えます。

紙の文字を目で追うより、声を聴くだけなので、余計な脳処理をしないで済むからですね。

本を読めば、本に書かれた知識を得ることができます。

  • 月に10冊の本を読めば、10冊分の知識を得ることができる
  • 月に20冊の本を読めば、20冊分の知識を得ることができる

短期間で知識を身につけたいのなら、本を読むのが一番効率的だと思っています。

とはいえ、短期間に大量の本を読むことは難しいですよね。

オーディオブックなら「短期間に大量の本を聴く」ことも可能なわけです。

オーディオブックの効果②-作業をしながら聞く読書を楽しむことができる

オーディオブックのメリットは「作業しながら聴くことができる」ことです。

社会人にとって、「本を読む時間を作る」ことの大変さは凄く分かります。

会社員の頃の僕は、本を読むためにプライベートの時間を削って、時間を作ってきました。

もっと早く、オーディオブックに出会っていたら、プライベートの時間を削らずに済んだかもしれません。

プライベートを楽しみながら、オーディオブックで本を聴けば良いからですね。

オーディオブックの効果③-倍速で聞くことで読書脳が強化される

オーディオブックは「再生速度を調整できる」ことが強烈なメリットです。

短期間で大量の本を聴くことができるのは、「速度調整」のおかげです。

例えば、読む本の読書も、速く読もうとすることはできます。

とはいえ、速く読もうとするほど、脳の処理が追いつかなくなります。

「文字を目で見る⇒脳で文字が認識⇒脳で文字が音声再生」という処理ですね。

オーディオブックの場合、「音声再生」のみです。

人によって最適な再生速度はあるかもですが、紙の本を読むより「脳処理の限界」に達する基準は低いわけです。

また、紙の本だと繰り返し読むことは苦痛に感じても、オーディオブックなら何度でも気軽に聴くことができます。

倍速で聴くことができるからですね。

「初めて聴く本なら最初2倍速で聴いて、2回目に読むときは3倍速で聴く」という感じです。

何度も繰り返し聴けば、本の理解度も増えますので、倍速で聴けるメリットは大きいですね。

オーディオブックの効果④-目を休ませながら聴くことができる

紙の本を読み続けていると、どうしても目が疲れることがあります。

「目」というより、脳が疲れるんですね。

文字を認識して、音声再生させる脳のプロセスがあるからです。

オーディオブックの場合、脳に強度な負担をかけることなく、音声を聴くことができます。

例えば、ソファーに寝転がり、目をつむりながら、オーディオブックを聴くことができます。

目を休ませながら、聴くことができるわけです。

オーディオブックの効果⑤-本を読むより内容が記憶に結びつきやすい

僕は、「紙の本&聴く本」どちらも活用しているのですが、「記憶に残る」という視点で考えるなら聴く本かなと思っています。

というのも、僕のオーディオブックの聴き方なのですが、「同じ本を2回必ず聴く」からですね。

オーディオブックの場合、紙の本で読む時間の半分以下の時間で1冊聴くことができます。

オーディオブックで2回聴いても、紙の本を1冊読む程度の時間しかかからないわけです。

それに、

  • 速度調整
  • ながら聴き

というメリットを有効活用しています。

僕の頭のできだと、本を1回読むだけでは、脳の定着がしないわけです。

すぐに抜け落ちてしまうわけです。

オーディオブックは、紙の本を読むより、短い時間で本を聴くことができます。

1回本を読むより、「2回〜3回と本を聴く」ほうが内容の理解は深まるし、記憶に結びやすいわけです。

オーディオブックの読書効果を高めるためにはアウトプットをする

オーディオブックの読書効果を高めるのに有効なのが、「アウトプット」になります。

「読書=インプット」の作業です。

「アウトプット=インプットした内容を吐き出す」です。

インプットで学んだことを誰かに伝えたリですね。

僕は特にそうですが、本を読んでも「アウトプット」しないとすぐ忘れてしまいます。

本を読む目的は知識を得ることです。

得た知識を忘れてしまったら、意味がありませんよね。

学んだことをしっかりと記憶に定着させるために意識するべきことは「アウトプット」なのです。

僕は本を読んだり、本を聴いたりして、重要だと感じた部分は必ず「メモ」するようにしています。

メモした内容をもとにして、ブログを書いたりTwitterで発信しています。

カズキくん
アウトプットする場所を作れば読書効果が高まるね!

オーディオブックの読書効果を最大限に高めるためにも、「メモを取りアウトプットの場所を作る」を意識してみてください。

オーディオブックの効果を無料体験する方法を教えます

オーディオブックの効果を実感するために一番の方法は、「実際に試してみる」ことです。

僕が紹介している、

  • audiobook.jp
  • Audible

2つのオーディオブックは、「30日間の無料お試し」があります。

オーディオブックの効果を実感してみてくださね。

仕事の人間関係がストレスだから辞めたい
仕事の人間関係がストレスだから辞めたい【今すぐ退職する方法】

こんにちは、松本カズキです。 仕事の人間関係がストレスだから早く会社を辞めたいです!今すぐ退職する方法を教えて欲しいです ...

続きを見る

audiobook.jp(オーディオブック)-月額750円で強力な読書脳を作れます

audiobook.jpには「聴き放題プラン」があります。

  • 月額750円かかる
  • 聴き放題対象の本は限られる

というデメリットはあるものの、聴ける本の種類は豊富です。

1冊の本を書店で買うより安い値段で、読書脳を鍛えられるのなら、安い自己投資だと僕は思っています。

「audiobook.jp(オーディオブック)」の無料お試しに登録する

Audible(オーディブル)-毎月2冊強制的に本を聞く習慣が作れます

Audibleは、audiobook.jpほどお得感はありません。

  • 月額1,500円かかる
  • 聴き放題プランがない

というデメリットがあります。

とはいえ、Audibleには、

  • 毎月好きな「聴く本」を自由に1冊無料で手に入る
  • 毎月1冊Audibleがおすすめ本をプレゼントしてくれる

というメリットがあります。

1,500円で毎月2冊の本が手に入るイメージです。

コスパを無視して、「自分で好きな本を選んだり、好きな本を紹介して欲しい」という考えの人には、Audibleが向いていますね。

「Audible(オーディブル)」の無料お試しに登録する

audiobook.jp&Audibleどちらに登録すれば良いだろう?どちらも30日間無料です

「audiobook.jp」と「Audible」どちらに登録すれば良いんだろう?
ミズキちゃん
カズキくん
両方とも30日間の無料期間があるよ。どっちも登録するのがオススメだよ

audiobook.jpとAudibleは、どちらも優れたオーディオブックですが、それぞれメリットとデメリットが存在します。

30日間のお試し期間があります。

実際に登録して、「オーディオブックの効果を試す」のが賢いやり方かなと思っています。

「自分には合わないな」と思ったら解約すれば良いだけの話だからですね。

オーディオブックの効果を体験して読書脳を作ろう-まとめ

オーディオブックの効果を実感するためには、貴方自身がオーディオブックを試すしかありません。

過去の僕はオーディオブックの効果を信じていませんでした。

紙の本が最強だと信じていたわけです。

他の人から、

オーディオブック試してみなよ。とても良いよ〜
ミズキちゃん

と言われても無視してきました。

ですが、実際にオーディオブックの効果を体験して、思ったのは

カズキくん
オーディオブック最高!

という気持ちです。

言葉だけでは効果は伝わりませんし実感できません。

実際に体験してみないと、オーディオブックの効果は分からないと思います。

オーディオブックを体験するのに、実際にお金がかかるなら別ですが、「30日間の無料体験」があります。

無料で試すことができるのに、オーディオブックを試さないのは、もったいないと言えるかなと。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

松本カズキ

北海道在住のブログアフィリエイター主に『文章』をメインにしたお仕事を行っています。 【仕事内容】 ・ブログアフィリエイト ・WEBライター ・コンサル事業 ・動画制作 ・シナリオライター

-学習&勉強
-,