NFT&仮想通貨 暗号資産関連サービス

OpenSea(オープンシー)の登録方法の手順を徹底解説【画像を使って教えます】

1月 1, 2022

NFTを購入するためOpenSea(オープンシー)を使いたいです。OpenSeaの登録方法を教えてください!
ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

OpenSea(オープンシー)は、NFTの売買をおこなうことのできる、世界最大手のNFTのマーケットプレイスです。

NFTに興味があるなら、OpenSeaは確実に登録しておくべき、マーケットプレイスと言えるでしょう。

OpenSeaに登録する手順としては大きく3つに分かれています。

  1. OpenSeaに連携するためにMetaMask(イーサリアムのウォレット)のアカウントを作成
  2. OpenSeaのアカウントを作成
  3. OpenSeaのプロフィール作成

この記事では、「OpenSea(オープンシー)の登録方法」について伝えていきます。

OpenSea(オープンシー)の登録方法①-メタマスクを事前に登録しておく

OpenSea(オープンシー)の売買で使われる仮想通貨は、主に「イーサリアム」です。

OpenSeaはメタマスク(イーサリアムのウォレット)と連携して使います。

OpenSeaでNFTの売買を行う場合には、メタマスクのアカウントが必要になるわけです。

そのため、OpenSeaのアカウントを作る前に、メタマスクのアカウントを作っておいた方が良いですね。

メタマスクのアカウント作成に関しては、以下の記事で解説していますのでご覧ください。

メタマスク(MetaMask)の登録方法!
メタマスク(MetaMask)の登録方法!アカウントの作り方を解説【12枚の画像を使って教えます】

続きを見る

OpenSea(オープンシー)の登録方法②-アカウントを作成

OpenSea(オープンシー)は以下の通り実践すれば、簡単にアカウントを作成することができます。

まずは、「OpenSeaの公式サイト」を開いてください。

「OpenSea」に登録する

  1. 「Create(作成)」をクリック
  2. 「MetaMask」をクリック
  3. MetaMask作成時に入力した12フレーズを入力して「次へ」をクリック
  4. チェックを付けて「次へ」をクリック
  5. 「接続」をクリック
  6. 「署名」をクリック
  7. OpenSeaのアカウント作成が完了

ステップ1

OpenSeaの登録方法1

ステップ2

OpenSeaの登録方法2

ステップ3

OpenSeaの登録方法3

ステップ4

OpenSeaの登録方法4

ステップ5

OpenSeaの登録方法5

ステップ6

OpenSeaの登録方法6

ステップ7

OpenSeaの登録方法7

OpenSea(オープンシー)の登録方法③-プロフィールを設定

OpenSeaのアカウント作成が完了したら、次におこなうことは、「プロフィールの設定」です。

「ユーザーネーム&メールアドレス」を設定しておけば、OpenSeaを使うことが可能です。

  1. ログインしたOpenSeaから「Settings」をクリック
  2. 「ユーザーネーム&メールアドレス」を入力して「Save」をクリック

ステップ1

OpenSeaの登録方法8

ステップ2

OpenSeaの登録方法9

OpenSea(オープンシー)の登録方法の手順を解説します-まとめ

以上がOpenSea(オープンシー)の登録方法になります。

OpenSeaは基本英語表示ですが、Googlechromeブラウザなどの翻訳機能を使えば、日本語表示させることができます。

僕みたいに英語知識ゼロでも、OpenSeaは使いやすいと思っています。

NFT関連のマーケットプレイスはネットにも複数ありますが、OpenSeaは世界最大手ということもあり、NFTの取引数は一番多いです。

NFTに興味があるなら、まずは、OpenSeaに登録をしてみることをオススメします。

  • この記事を書いた人

松本カズキ

北海道のライター&アフィリブロガー|本と家とエンタメと寝ることが大好きな引きこもり【経歴】高校卒業後、地元企業に就職してフリーライターとして独立起業⇒複数のメディアを運営&コンテンツビジネスを自動化【現在】趣味ブログ&創作活動【Twitter目的】個人で稼ぐビジネス思考法を伝授【人生のテーマ】幸福に生きる

-NFT&仮想通貨, 暗号資産関連サービス
-, ,