フリーランスの話 フリーランス講座

リットリンク(lit.link)の作り方と使い方!危険はありますか?【安全に使うコツ】

1月 5, 2022

リットリンク(lit.link)の作り方と使い方
リットリンク(lit.link)でデザイン性に優れたプロフィールページを作りたいです!作り方と使い方を教えてください!それと、リットリンクって危険性はありますか?
ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

リットリンク(lit.link)は無料で見栄えの良いプロフィールページを作ることのできるサービスです。

僕がリットリンクのサービスで作ったプロフィールページが以下です。

 

 

リットリンクのプロフィールページ

リットリンクの松本カズキプロフィールURL

リットリンクサービスを使えば、誰でも簡単にこのようなプロフィールページを作ることができます。

リットリンクの危険性に関しては、「あなたがリットリンクのサービスを使ってプロフィールページを作る」という点においては、「危険性はない」と思ってもらってOKです。

「他の方のリンクを見るために使う」のであれば注意が必要です。

リットリンクは、プロフィールページにリンクを掲載することが可能です。

僕もTwitter&ブログのリンクを掲載しています。

リットリンクは、基本どんなURLリンクも掲載することが可能です。

やり方次第では「危険なサイトに飛ばす」ことも十分可能なわけです。

この記事では、「リットリンクの作り方と作り方&危険性の回避方法」について伝えていきます。

リットリンク(lit.link)の作り方を解説

リットリンク(lit.link)は以下の手順をおこなえば、簡単にプロフィールページを作成することができます。

まずは、「リットリンクの公式サイト」を開いてください。

「lit.link」でプロフィールページを作る

  1. 「新規登録」をクリック
  2. 「LINEアカウントがない場合」をクリック※状況に応じて
  3. メールアドレス&パスワードを入力後「登録する」をクリック
  4. 「認証メール送りました」のメッセージを確認
  5. 届いたメールの「URL」をクリック
  6. 「続行」をクリック
  7. プロフィール情報を入力後「次へ進む」をクリック
  8. 普段の投稿を1つ選び「最終確認画面へ進む」をクリック
  9. チェックマークを付けて、「この内容で登録する」をクリック
  10. 背景画面から1つ選択する
  11. プロフィールページの完成

ステップ1

リットリンクの作り方1

ステップ2

リットリンクの作り方2

ステップ3

リットリンクの作り方3

ステップ4

リットリンクの作り方4

ステップ5

リットリンクの作り方5

ステップ6

リットリンクの作り方6

ステップ7

リットリンクの作り方7

ステップ8

リットリンクの作り方8

ステップ9

リットリンクの作り方9

ステップ10

リットリンクの作り方10

ステップ11

リットリンクの作り方11

リットリンク(lit.link)の使い方を解説①:カスタマイズのやり方

リットリンクのプロフィールページが完成したら、次におこなうのは「編集作業」です。

初期状態のプロフィールページは、

  • アカウント画像が掲載されていない
  • テキストの色が見えにくい

という感じですので、あなたの好みに合わせて、プロフィールページをカスタマイズしていきます。

リットリンクの使い方は、プロフィールページの「左上」にボタンがあります。

ボタンをクリックすることで、編集画面に切り替わります。

リットリンクの編集画面では、

  • プロフィール画像の設定
  • 背景画像or背景色の変更
  • フォントの変更
  • リンクの追加&変更

などをおこなうことが可能です。

リットリンクの使い方1

リットリンク(lit.link)の使い方を解説②:URLリンクの確認方法

リットリンク(lit.link)で作成したプロフィールページURLの確認方法について伝えていきます。

プロフィールページに表示されている「プロフィールアイコン」をクリックすることで、リンクURLが表示されます。

  1. アイコンをクリック
  2. URL&QRコードが表示

ステップ1

ステップ2

リットリンクの使い方3

リットリンク(lit.link)の危険性と回避方法を解説

リットリンク(lit.link)のサービスはあなたが普通にプロフィールページとして使う分には危険性皆無です。

僕もリットリンクを使ってプロフィールページを作成しましたが、危険性は一切感じませんでした。

とはいえ、「リットリンクで作成された他の人のプロフィールぺージ」の閲覧時には注意が必要です。

「リットリンクを使って悪いことを考える人」もなかにはいるからです。

このリンクどこに飛ぶんだろ?私、気になります!ポチッと♪
ミズキちゃん
カズキくん
むやみにリンクをクリックしたら危険だよ。騙すことを目的とした危険なサイトかもしれないよ

といった感じですね。

リットリンクは、好きなURLリンクを掲載することができますので、やろうと思えば、「危険なサイト」に飛ばすことも十分可能なのです。

リンク先を見極める方法としては、「リンクをクリックする前にリンク先を調べる」ということです。

簡単な方法としては、「Googlechromeのブラウザ」を使っている場合なら、

  1. 「気になるリンク」を右クリック
  2. 「リンクのアドレスをコピー」をクリック
  3. テキストエディター等にアドレスを貼付け

という方法で、リンク先を調べることが可能です。

たいていのURLリンクは、

  • サイト名
  • サイトの特徴を伝えるローマ字表記

になっています。

ちょっとでも危険な感じがしたら、「リンクをクリックしない」のも安全にリットリンクを使うコツですね。

リットリンクの危険性

リットリンク(lit.link)の作り方と使い方を解説します-まとめ

リットリンク(lit.link)は無料でデザイン性に優れたプロフィールページを作ることのできる最高のサービスです。

普通に使う分には危険性ゼロで安全にサービスを受けることができますが、「サービスを使って悪いことを企む人もいる」ことを覚えておいて損はありません。

リンク先に「ウイルスが仕込まれている」という場合もあるわけです。

踏むリンクは、安全性を確認したうえで、クリックするようにしましょう。

  • この記事を書いた人

松本カズキ

北海道のライター&アフィリブロガー|本と家とエンタメと寝ることが大好きな引きこもり【経歴】高校卒業後、地元企業に就職してフリーライターとして独立起業⇒複数のメディアを運営&コンテンツビジネスを自動化【現在】趣味ブログ&創作活動【Twitter目的】個人で稼ぐビジネス思考法を伝授【人生のテーマ】幸福に生きる

-フリーランスの話, フリーランス講座
-,