SEO対策

長文SEOに効果はありますか?【最適な文字数は検索クエリで決まる】

長文SEOに効果はありますか?【最適な文字数は検索クエリで決まる】

こんにちは、松本カズキです。

長文SEOは今でも効果がありますか?1万文字書けば上位表示されますか?
ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

僕の結論ですが、「長文SEO効果は年々薄れていっている」と思っています。

正確にいえば、

  • 読者を意識した長文SEO対策は効果がある
  • 読者を意識しないGoogle検索エンジンのみを意識した長文SEOは効果なし

といった感じです。

以前は長文SEO対策が効果抜群だったりしたのですが、現在は長文の恩恵をあまり感じません。

ただ長文を書くより、読者の「検索クエリ=検索意図」を満たすコンテンツを作ることが大事なのかなと、僕的には思っています。

この記事では、「長文SEOの効果と上位表示するための最適な文字数」について書いていきます。

長文SEOの効果は?1万文字を書くより検索クエリを意識する

長文SEO対策では、「今後上位表示を維持することが難しい」と僕的には思っています。

文字ボリュームだけを意識した長文SEOは効果がない」ということです。

検索エンジンで上位表示を狙うためには、ライバルの記事に勝つ必要があります。

ライバルより読者に好まれる記事を書く必要があるわけです。

以前であれば、

  • ライバルより多い記事ボリューム
  • ライバルより多いコンテンツの網羅性

これらを意識するだけでも、上位表示されやすい傾向にありました。

ですが、今後はこの思考を継続するのは危険かなと僕的には思うのです。

ライバルのコンテンツを意識することはもちろん必要ですが、「読者の検索クエリ=検索意図を満たすコンテンツを作る」ことがこれからは大事かなと。

あなたの書いている長文記事が、「読者のために書いていたら自然と長文になった」なら問題ありません。

そうではなく、「ライバルを意識してあえて長文にした」のならNGです。

読者優先ではない長文記事は、「必要のない文章」が含んでいる可能性が高いのです。

この記事めっちゃ長いんですけど!どうでもいいことダラダラと書きすぎだし!他のサイトを見に行こう♪
ミズキちゃん

Googleはブログの滞在時間などの離脱率をしっかりと把握しています。

長文SEOは検索エンジンには有効の可能性もあるかもですが、読者にとっては良くありません。

不必要な記事を長々と書いていたら、読むことにストレスを感じます。

読者のサイト離脱に繋がるのです。

長文を書くときは、「必要な情報だけを伝えて離脱されない対策」をおこなう必要がありますね。

長文SEOを狙うなら検索意図に沿ったコンテンツを網羅する

Googleを意識するのではなく、読者を意識した長文SEOの効果は、「今後も強い」と僕は考えています。

適切に情報を伝えるためには、ある程度の記事ボリュームはどうしても必要です。

ライバルの強さにも影響されますが、1,000文字に満たない記事ですと、コンテンツとしては不足している印象がありますね

文字数を増やすための方法として挙げられるのが、「コンテンツの網羅性」になります。

基本的に、悩みや欲求は限界がありません。

ひとつの悩みを解決すれば、新しい悩みが生まれてきます。

例えば、

  • 転職を探すのにおすすめのサイトを知りたい
  • リクナビがおすすめらしい
  • リクナビの評判ってどうだろう?怪しくないのかな
  • リクナビに登録したい!登録方法はどうやるの?

イメージとしてはこんな感じです。

読者が「次に読みたいと思う記事」を連想していくわけです。

連想ゲームみたいな感じかなと。

コンテンツの網羅性は、「読者のため&記事ボリュームが増える」というメリットもあるのですが、デメリットも存在します。

すべての読者が、「網羅されているコンテンツを知りたい」とは思っていない点です。

カズキくん
僕が知りたいのは記事の結論だけだよ!関連性のある記事も書いているみたいだけれど、今の僕には必要ないかな。

このように考える読者も存在します。

関連性のある記事でも、興味のない記事ですと、読むことに対してストレスが溜まります。

そのときの対策として有効なのが、「内部リンク」です。

内部リンクのメリットは、

  • 内部リンクはコンテンツを網羅するとき、文章量を削ることができる
  • 内部リンクを使うことで、サイトの巡回率が高まる
  • 情報を必要としている読者にのみ、記事を届けることができる

長文SEO効果を狙うときは、内部リンクをうまく使って欲しいと思います。

コンテンツの網羅性を意識しながらも、「読者が読みやすい長文記事」を作ることができますので。

長文SEO効果を狙うために注意したい4つのポイント

長文SEO対策の効果を狙うためには、「読者の離脱されない記事」を書く必要があります。

ブログ記事を読者に読んでもらうためには、4つの注意したいポイントがありますので、紹介していきますね。

ブログの書き出しに注意する

ブログの書き出しは、読者にとって、「記事の良し悪し」を決める重要部分になります。

書き出しで失敗すれば、読者は離脱されます。

逆に書き出しで、読者に興味関心を抱かせることに成功すれば、最後までブログ記事を読んでもらえる可能性が生まれるのです。

ブログ記事の書き出しは難しいと思われがちですが、

  • 読者の求めている情報提供を約束する
  • 記事の結論を冒頭で伝える

これらを意識すれば、書き出しは問題ないのかなと僕的には思います。

ブログの書き出し!面白い挨拶は必要ありません【結論と約束を書く】
ブログの書き出し!面白い挨拶は必要ありません【結論と約束を書く】

こんにちは、松本カズキです。 ブログの書き出しって何を書けば良いのだろう?季節の挨拶を書けば良いの?面白いことなんて私には書けないよ~。 ミズキちゃん そんな悩みに答える記事を書きました。 ブログの書 ...

続きを見る

読まれるブログ記事を書く

読者は記事を読むことが嫌いです。「知的欲求のために仕方なく読んでいる」というケースがほとんどなのです。

活字を読むことを苦手としている人は、ブログ記事を読むだけでも大きなストレスを抱えてしまいます。

僕たちブロガーは、「ストレスを与えない文章を書く」ことを意識する必要があるわけです。

日本人は「美文」に憧れる傾向にあるのですが、ブログ記事においてはプラスにはなりません。

人によっては、「幼稚な文章」と思われそうな、

  • 読みやすい文章
  • 分かりやすい文章

「誰でも読むことができる文章」のほうが好まれるのです。

ブログの書き方!テンプレートとコツで記事を書く【読まれる文章】

こんにちは、松本カズキです。 ブログの書き方がわかりません!どんな記事を書いたら読者に読まれるのだろう? ミズキちゃん そんな疑問に答える記事を書きました。 ブログを書いていて思うのは、「読者は記事を ...

続きを見る

SEO対策の基本を身につける

ブログ記事は書くときは、「読んでもらう相手=読者」を意識することが一番大事です。

ですが、検索上位を目指すのなら、「SEO対策」も意識する必要はあるでしょう。

SEO対策の知識を持って記事を書くのと、SEO対策の知識を持たずに記事を書くのとでは、「上位表示の影響力」はがらりと変わってきます。

SEOに強い記事タイトルの付け方を解説
SEOに強い記事タイトルの付け方を解説【4つのコツを意識する】

こんにちは、松本カズキです。 SEOに強い記事が書きたいけれどやり方がわかりません。記事タイトルにキーワードを含めるのって重要ですか? ミズキちゃん そんな質問に答える記事を書きました。 あなたが書い ...

続きを見る

ブログ記事のターゲットを明確化する

ブログ記事を書くときは、

  • どんな人にブログ記事を読んでもらいたいのか。
  • このブログ記事を読んでどんな人に行動して欲しいのか。

最低限この2つは意識するようにしてください。

読者ターゲットを決めることで、「誰に向けて記事を書けばいいのか」を明確化することができます。

ターゲットが明確化できていない記事は、長文SEOの効果を狙った時、余計なコンテンツを追加する可能性があります。

このコンテンツを追加すれば、ブログ運営に興味がある人だけじゃなくて、転職に興味のある人も釣れるかもしれない!
ミズキちゃん
カズキくん
複数のターゲットを想定するのはSEO対策で考えてもNGだよ。ひとりの検索意図を満たすことだけを考えよう。

検索意図は一人ひとり違います。全員が同じ目的から検索エンジンを使うわけではないのです。

複数の「検索クエリ=検索意図」を満たす記事を、たった1記事で書くことはまず不可能です。

ブログ記事を書くときは、一人の読者の検索クエリを満たすことだけに、全力を注ぐようにしましょう。

長文SEOの効果を狙うなら検索クエリを意識した記事を書く-まとめ

長文SEOは検索エンジンを意識するだけでは、効果を発揮することはできません。

ターゲットを明確にして、1人の読者の検索意図を満たすために、「長文になった」のなら、効果があるのかなと僕的には思っています。

ブログ記事を書くときは、1万文字の長文を書く必要はありません。

ライバルを意識して、むりやり記事ボリュームを増やしても、SEO対策としてはマイナスになる可能性もあるのです。

記事を書くときは、「ひとりの読者の検索クエリ=検索意図」を満たすことだけを考えるようにしてください。

読者のことを考えた結果の、長文ならSEO効果も高いと僕的には判断します。

  • この記事を書いた人
松本カズキ

松本カズキ

北海道在住のブログアフィリエイター主に『文章』をメインにしたお仕事を行っています。 【仕事内容】 ・ブログアフィリエイト ・WEBライター ・コンサル事業 ・動画制作 ・シナリオライター

-SEO対策
-, ,

© 2021 マツカズブログ Powered by AFFINGER5